天気予報を参考に自分で判断する

一日の気分を左右する要因のひとつとして天気があります。
雨の日は気持ちが重くなる人が多いです。


見た目に黒い色の雲が垂れこめているので上から押されているような感覚になりそのような感覚になるようです。

外出する際に雨が降っていなくても、それ以降に雨が降るような天気予報が出たとしても最近では降水確率というものが表示されるために、その確率が低ければ傘を持参するのを控える人も多いです。

傘はかさばりますし、折り畳み傘であっても荷物になります。

できれば傘は持って行きたくないとい思っている人が大半です。表示される確率のどのくらいの数値で傘を持ていくかは個人によって様々な判断になります。


降水確率が表示されて、自分が傘を持参しなかった場合、傘を持参した場合で雨が降ったり降らなかったりした場合で一日が終了した時に振り返って、今日は傘を持参してよかった、持参しなくてもよかったと多少の喜びを感じることもあります。自分の予報も当たったという感覚です。

東京の天気って移り変わりにくいですよね。

しかしそのように自分で判断するにしても、天気予報をベースに考えます。

この天気予報についてはあくまでも参考値であって、やはり最終的には自分で判断しなければいけないです。


いくら天気予報がはずれたとしても何ら罰則もないので、最終的にはそれらの情報を得た個人個人が自分の基準を持って、その日をどのように対処するかを決める必要があります。それがはずれたとしても最終的な決定は自分でしたので誰も責められることがないです。